お肌、体調に人気のすっぽん小町ですが、妊婦、妊娠中の方が摂ってもいいのか気になりますよね?みなさん、気にされているようで、すっぽん小町の妊婦さんの口コミを紹介します。自己責任というコワイ話もありました。すっぽん小町の妊婦さんの口コミをチェックしてみましょう。

すっぽん小町は妊婦は飲んでも大丈夫?

・すっぽん小町のオペレーターさんのお話

すっぽん小町のオペレーターの方に問い合わせました。
 
「すっぽん小町」はお薬ではなく健康補助食品です。妊娠中(又は授乳中)の方でもお召し上がり頂けます。
 

 
しかし、ご心配のようであればお医者様にご相談する事をおすすめします」との事でした。実際に飲んでいる方もたくさんいます。しかし心配な方、妊婦さんは止めた方が良いでしょう。というのも、すっぽん小町は実感度が高く感じるからです。
 
どんなものでもそうですが、効果が高いものはその影響が強いはずです。妊婦の身体はデリケートです。何があるか分かりませんので、無事出産後にまた始めればいいかと。特に産後の疲れは半端ないですから。その時に飲み始めればいいですね。繰り返しますが、妊娠中でも飲んでいる人はたくさんいます。

 

妊婦は・・特に始めての妊娠では不安なことがたくさんあります。心配な事は少しでも排除していきましょう。それが精神衛生上、とてもいい事です。

お化粧だって使わない方がいい成分があるのをご存知ですか?それも説明していきます。

・次は病院の話です。
すっぽん小町を飲んでも良いのか、お医者さんに確認した所、「大丈夫だと思いますけど、自己責任でお願いします」との事。

自己責任??とてもコワイ言葉じゃありませんか?全部、自分の責任で対処してくださいという事ですよね。効果があるからこそ、その影響がコワイんです。
  

 
繰り返し言いますが、飲んでいる方はたくさんいますが、不安な方はやめておきましょう。ちなみに、すっぽん小町で有名なくわばたりえさんは授乳中に飲んでいたそうです。

すっぽん小町の公式サイト
↓↓↓↓↓↓

すっぽん小町の妊婦さんの口コミ

・すっぽん小町は妊娠前から飲んでいて、体調がとても良くなり気に入っていました。
妊娠が分かってからも体調のためずっと飲んでいました。そのせいか分かりませんが、ひどい体調の変化もなく、
妊娠中に荒れるというお肌の調子も維持出来ました。
・くわばたりえさんのブログにも確か書いてありましたが、妊娠中も飲んでいる方が多いようですね。
私は不安だったので、すっぽん小町は止めて、葉酸サプリを飲んでいました。不安なまま、飲むよりは飲まない方が良いと思います。
・全然平気でしたよ。妊娠中にすっぽん料理を食べるというのと一緒だと思ってます。体調は良い状態を維持出来ています。病院の先生に聞くと、飲んでも大丈夫だと言われたので続けました。不安な人は先生に実際に聞いてみてもいいと思います。
・購入してすぐに妊娠が発覚。どうしようか迷った挙句、飲み続けました。体調には変化はなかったけど、お肌の調子が良くなってきたみたい。ただ、一ヶ月で止めたので、それほど実感しなかった。続けるといい事がありそうな雰囲気でした。すっぽん小町がなくなったので葉酸サプリに変更し、飲み続けてます。出産後にはまたすっぽん小町を飲みたいと思ってます。主人も飲みたいと言っていたので一緒に飲もうと考えてます。

妊娠中の悪い口コミは見当たりませんでした。多分、不安な方は止めたのだと想像しています。妊娠中の体調や肌荒れは確かに気になりますよね。私が聞かれたら、先生に聞いてみたら?と答えるはずです。妊娠中はすっぽん小町より大切な物がありますよね。
 

 

そうです。葉酸です。厚生労働省のホームページにも妊娠中は摂ったほうが良いと書かれていますね。葉酸とすっぽん小町の飲み合わせを心配するより、葉酸だけにしておいた方が個人的には良いと思いますけどね。

ちょっと厚生労働省のホームページを抜粋してみます。

 

神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

分かりにくい言葉ですよねw抜粋しても分からないので内容を簡単にまとめます。

欧米では神経管閉鎖障害の発症リスク低減のために葉酸を摂取する事を推奨しています。日本では発症率が低かったのでそれほど研究してませんでした。しかし日本と同じような発症率が低い中国でも葉酸がリスク低減するという研究がされたので、日本も追いかけます

こんな感じです。これを厚生労働省用語でダラダラと書いてあるので読めません。翻訳ソフトが必要だと思うくらい分かりにくい表現ばかりでした。

欧米では葉酸の摂取を推奨。

中国でも研究されてます。

日本でも推奨するようにします

このような流れです。妊娠中ですっぽん小町を考えている方は優先順位を考えましょう。

葉酸サプリならこれが売れてます。
↓↓↓↓↓

妊婦が気をつけるべき食べ物

妊娠中に口にしてはいけない物は、母親や胎児に支障がある事が考えられるものです。思い切り気をつけなければいけないと思っている方もいるでしょうが、それほど気にする必要はありません。普通の量であれば、神経質になる必要はそれほどありません。気をつける食品について説明します。

止めた方が良いもの

・アルコール
当たり前といえば当たり前すぎますが、一番にアルコールです。妊婦がアルコールを飲むと胎盤を通じて胎児まで届きます。避けておいた方が良い一番の成分です。知らないで飲んでいる方はいないと思いますが、もし飲んでいるのであれば、すぐにお医者さんに相談しましょう。

・生の魚介類
厚生労働省のホームページに掲載されていますが、生の魚介類から自然界の水銀が魚を通じて取り込まれる可能性があるという事です。(例、金目鯛、マグロのお刺身などは週に一人前程度)さらに詳しい情報は厚生労働省のホームページを御覧ください。普通の食生活であればそれほど問題視する必要はありません。毎日お刺身ばかりという方・・・いませんねw

・生卵
生卵の中身に問題がある訳ではなく、卵の殻にばい菌がついている可能性があります。そのため、念には念を入れて、火を通して食べたほうが良さそうです。

・生肉
生肉には寄生虫がいる可能性があるので加熱しましょう。大人でもお腹を壊すときがあります。寄生虫は胎盤を通じて胎児に伝染るので、注意が必要です。生肉ではなく加熱して頂くようにしてみてください。

量に気をつけるべきもの

・コーヒー
大量に摂取するとカフェインが胎児に影響する事がある

・レトルト食品
食塩や添加物が多いものがあるので妊婦でなくても注意が必要

大切なのは上記のアルコール、生の魚介類、生肉、生卵以外はバランスを考えて摂取するという事です。何から何までダメなどという事はありません。バランス、食べ過ぎに注意してください。

病院に行った時にその都度聞くようにするのが良いでしょう。不安な点をそのままにする事はよくありません。
妊娠中は精神的な負担も大きくなるので、気にする事が少ないほど楽になります。

上記のものは絶対にダメというものではなく、わずかでも胎児に影響があるのであれば、避けたほうが良いというものです。一生我慢しなければいけないというものではありません。ご自分と赤ちゃんのために我慢しましょう。

妊婦さんの化粧


自らの意志で「しない」という人が最も多いのですが、気持が悪くなってお化粧が出来ないという方もいます。どちらにしても、バッチリメイクはおすすめしません。妊娠中はお肌が荒れやすくなっているので最低限のケアは必要です。それも手短に済ますことが出来るものがいいでしょう。

その前に気をつける成分を説明します。化粧品に配合されている成分で解説します。飲むものと比較すると、化粧品は影響度は少ないでしょうが、胎児への影響を考えると避けたほうがいいものがあります。

注意が必要な成分

・ビタミンA
エイジングケア効果のある化粧品に入っています。レチノールと呼ばれる事が多いものです。人間に大切な成分であると共に、摂りすぎると催奇形リスクなどの悪い影響があります。

・パラベン
聞いたことがありますよね。防腐剤です。成分が胎児まで届いてしまうと赤ちゃんの成長が遅くなったりします。パッケージの成分表を見て妊娠中から授乳期までは控えましょう。

・フェノキシエタノール
最近はパラベンの代わりに使われる事が多くなった防腐剤です。パラベンと比較すると影響は少なめですが、妊娠中の母親のお肌が荒れる事が多いと言われます。この成分は胎児への影響でなく、母親への影響です。

妊婦のおすすめの化粧品(時短)

メディプラスゲル

化粧水・美容液・乳液・クリームが1つになった、オールインワンゲル「メディプラス」。防腐剤、合成界面活性剤、アルコール、合成乳化剤、着色料、鉱物油、香料フリーで、添加物を気にする方には人気の最も売れているオールインワンの一つです。

バタバタする事が多い妊娠中は手軽にケアしたいものです。オールインワンは時短だけのイメージがありますが、
メディプラスゲルは一本でしっかりお肌のケアが出来ます。
 

 
メディプラスゲルと発色が良いBBクリームがあれば他は必要ないかもしれませんね。簡単にケア出来るのがママには嬉しいポイントです。発色がよく、化粧感が少ないBBクリームは名前はBB&CCクリームといって最近人気になっています。

 

メディプラスゲルを詳しく見てみる
↓↓↓↓↓↓

メディプラスゲルの記事を見てみる

ラウディBB&CCクリーム

今までのBBクリームだとカバー力はあるけど、化粧感がすご過ぎてちょっと・・という方に向いています。

BBクリームの長所

・カバー力が高い!
・持続力がある!
・UV対策が出来る!

BBクリームの短所

・厚塗り感が出る
・乾燥が気になる(=インナードライによるテカリ)
・肌に合う色味がない

CCクリームの長所

・自然な仕上がり!
・みずみずしい!
・伸びが良く、肌なじみが良い!

CCクリームの短所

・カバー力がイマイチ
・持続しない
・結局重ね塗りが必要

ラウディのBB&CCクリームは?

BBクリームのカバー力と、CCクリームのつや、伸び、ナチュラル感を併せ持っています。これ1つで、クリーム、美容液、乳液、コンシーラー、ファンデーション、メイク下地、日焼け止め(SPF35・PA+++)の7つの役割を果たします。そんな発色が良いBB&CCクリームがラウディBB&CCクリームです。

ラウディBB&CCクリーム
↓↓↓↓↓↓

ラウディBB&CCクリームの記事を見てみる