ほうれい線はサプリ?化粧品(クリーム、美容液)?どちらがいいの?

理想は両方のケアをすることです。

外側からのケア(クリーム、美容液)はその場しのぎと言ってもいいかもしれません。

肌の表面の悩みを優先する気持ちは分かります。でも、保湿、トラブルケアだけでなく、お肌の代謝(生まれ変わり)を正しくするケアも大切です。

 

お肌の生まれ変わりが乱れてくると?

 

・メラニンが排出されるのが遅くなる
これがシミですよね。

 

・古い皮膚がそのままとどまっている。
これがくすみです。透明感があるお肌・・・これの真逆になります。お肌の柔らかさも減ってきて、しっとり感がなくなります。

 

 

革のジャケットに例えてみます。
ほうれい線は革のジャケットのシワと同じようなものです。

ミンクオイルをつける。
女性に例えるとお化粧です。
表面は何とかケアできた気になります。

 

 

でも・・・よく考えたらシワや溝はなくなっていません。ある程度見られるようになったとしても、溝(ほうれい線)はなくなっていません。

 

 

革のジェケットはミンクオイルが限界ですが、お肌は表面のケアと同時進行で内側のケアをする事が出来ます。

それが出来るのがプラセンタです。

 

勿論、たくさんの種類のサプリを使ったり、食事をじっくり考えて摂る事でも可能です。プラセンタなら一つで済みます。

 

純度が高くて返金保証がついているプラセンタ
↓↓↓↓↓

 

ほうれい線をサプリでケアするならプラセンタ

 

プラセンタの最も大きな特徴は線維芽細胞(せんいがさいぼう)を活発にしてコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを増やしてくれる点です。

 

さらに、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促してくれます。誰でも、お肌の表面に見えている悩みが気になります。でも。。。。。

 

 

美しさの原点はお肌の代謝です。

 

 

お肌の生まれ変わりのことをターンオーバーといいます。このターンオーバーを促してくれるのがプラセンタです。

 

お肌の代謝と向き合うことができれば美しい肌の期待は高まります。美肌のスイッチが入ります。

 

 

純度が高くて返金保証がついているプラセンタ
↓↓↓↓↓

 

 

・加齢
・コラーゲン・エラスチンの減少でお肌がたるむ
・不規則な生活習慣
・乾燥
・表情筋の衰え

 

といった、ほうれい線の原因すべてに期待(対抗)出来るのがプラセンタです。

 

 

本当かな?と思いますか?
もちろん、個人差はありますが、実感する人がとても多いものです。

 

 

 

少し前はコラーゲンサプリが人気でしたが、今はプラセンタが人気です。プラセンタの魅力を簡単に説明します。

 

 

私達にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という大切な成分を作る細胞があります。その細胞を線維芽細胞(せんいがさいぼう)と言います。

 

 

年齢とともに線維芽細胞(せんいがさいぼう)は元気がなくなります。そのために、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸という保湿で有名な成分が減っていきます。

 

 

プラセンタは線維芽細胞を活発にします。その結果、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸は増えていきます。増えると、どんな嬉しい事が待っているか説明しなくてもお分かりですよね。

 

 

プラセンタの選び方は難しくありません。

 

純度が高いプラセンタを選ぶことです。

 

 

そして、保険として、返金保証がついていれば、言うことありませんね。合わなければ、返金してもらえばいいだけです。

 

純度が高くて返金保証がついているプラセンタ
↓↓↓↓↓

 

 

 

ほうれい線サプリとしてのプラセンタの評判

 

プラセンタの評判を見ていると、

・ほうれい線
・お肌のハリ
・お肌の潤い

 

このあたりに実感した人が多く見られます。ほうれい線用のクリームなども見当たりますが、どんなに浸透したとしても、表皮までです。

 

お肌の表面だけでなく、内側からケアすることで嬉しい結果が出る人もいます。

 

 

安価なプラセンタを使って、「プラセンタは私には向いていない」と決めつけないでほしいと思います。良いプラセンタは探せばあります。とにかく純度が高いプラセンタを見つけてみてください。

 

 

純度が高くて返金保証がついているプラセンタ
↓↓↓↓↓

私が使っているプラセンタです。

使い始めて一週間程度でお肌にハリを感じています。このまま使っていると「良いこと」が起こりそうです。

 

 

ほうれい線の原因と対策方法

 

どんな女性でもほうれい線があるだけで年齢がバレます。昔、売れていた芸能人が久しぶりにテレビに出た時に

 

「あ、老けたな」

 

 

と思うことってありませんか?

 

芸能人はお金をかけてお肌のケアをしています。それでもお肌のたるみ、ほうれい線がやってきます。

 

 

テレビを見て人の弱点を探すより、もっと驚く方法があります。ご自分の写メを撮って、ほうれい線を描いてみてください。かなりガッカリします。一人の時に試すといいでしょう。ほうれい線があるだけでいきなり年齢がグンと上がって見えます。

 

 

ほうれい線が出来る原因とケアする方法を説明します。

その前に年齢別のお肌の悩みを書いてみます。

20代
ニキビ・吹き出物
毛穴の黒ずみ
毛穴の開き

30代
シミ
乾燥
ほうれい線

40代
シミ
たるみ
ほうれい線

50代
シミ
たるみ
ほうれい線

 

 

お肌の悩みのナンバーワンはシミです。

プラセンタはお肌の生まれ変わりを促すのでシミへの期待もできます。メラニンをお肌にとどまったままにしないで排出してくれます。

その上ほうれい線への期待もできるのがプラセンタです。

 

 

ほうれい線が出来る原因は?

 

・加齢
・コラーゲン・エラスチンの減少でお肌がたるむ
・不規則な生活習慣
・乾燥
・表情筋の衰え

 

 

難しいですよね。順番に説明していきます。

 

弾力繊維の緩み

ほうれい線が出来る大きな要素は加齢です。年齢とともに、身体の中にある美容成分が減少するからです。

 

 

ヒアルロン酸は10代から減少
エラスチンは20代後半から減少
コラーゲンは30代から減少

40代になると減少という言葉ではなく、

激減です。

 

難しい言葉を少しだけ。。。。。

コラーゲン、エラスチンを弾力繊維(だんりょくせんい)と言います。

 

お肌の仕組みは表面から、表皮、真皮、皮下組織の順番です。

真皮の中ではコラーゲン、エラスチンが規則正しく並んでいます。その隙間をヒアルロン酸が埋めています。このきれいな状態がお肌の弾力を保ってくれます。

 

年齢とともに美容成分が減っていくので、弾力を保つことができなくなり、お肌のハリがなくなります。その結果としてほうれい線が出来てしまいます。

 

 

偏った食事のバランス

お肌のハリを保つのは成分で言うとタンパク質です。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸もタンパク質です。

 

 

食物を摂る

タンパク質が一度、アミノ酸に分解

細胞に届く

細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作る

 

このような順番になっています。タンパク質の生成にはビタミンも必要なのです。

 

難しいですよね?

 

簡単なのはプラセンタです。プラセンタはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作る線維芽細胞(せんいがさいぼう)を活発にしてくれるからです。

 

 

不規則な生活

※睡眠不足
身体能力を修復してくれるのは睡眠中です。睡眠を充分に取らないと、細胞が活発に働いてくれません。コラーゲンやエラスチンが作られにくくなります。ほうれい線まっしぐらです。

 

合っていない化粧品を使うくらいなら、睡眠を取ったほうが良いかもしれません。そのくらい睡眠は大切です。

 

 

※食事時間
食事時間が不規則だと栄養分は効果的に吸収されません。意外に盲点なのが食事の時間です。これもほうれい線まっしぐらです。

 

※乾燥
紫外線などの刺激によって、お肌へのダメージがあり、お肌の乾燥を招きます。乾燥→シワ→ほうれい線の順番になります。

 

 

※表情筋の衰え

私達の顔にはたくさんの種類の筋肉が存在します。表情筋はその中の一つです。表情筋が衰えるとほうれい線は出来やすくなります。

 

表情筋を使わないような無表情の人はほうれい線が出来やすくなります。楽しい時は楽しい顔、嬉しい時は嬉しい顔。喜怒哀楽は表情に出した方が良さそうです。

 

私の好きな女性のサックスプレイヤーがいます。キャンディダルファーさんと言います。

 

彼女はある程度の年齢を重ねていますが、ほうれい線が見当たりません。きっと顔の筋肉をしっかり使っているからでしょうね。

 

 

ほうれい線対策

・ダイレクトに対策をするのであれば、美容外科でヒアルロン酸注入が有名です。

・保湿力を高めるスキンケアを毎日しっかりする。

・表情筋トレーニング
ユーチューブの動画でもほうれい線対策と調べるとたくさん出てきます。

 

 

手軽なのはプラセンタを使う事です。

 

 

繰り返しますが、プラセンタはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作る細胞を活発にしてくれます。

 

 

何か良いプラセンタをご存知でしたらそれが良いでしょう。たくさん種類があって分からない人が多く見られます。純度が高いものじゃないと期待は出来ません。

 

純度が高くて返金保証がついているプラセンタ
↓↓↓↓↓