あまり知られていない化粧水ですが、かなり秀逸。キョウキオラは敏感肌の方のために作られたミストタイプの化粧水です。アトピーの方にも、そしてなんと赤ちゃんまで使用可能なほどのクオリティーです。キョウキオラの魅力に迫ります。

公式サイトはこちらから
↓↓↓↓↓↓

 

キョウキオラの口コミ@何も入っていない水がなぜ?

 

まずどんな口コミがあるのか見ていきましょう。

 

良いよ!の口コミ

 

 

低刺激やオーガニックのものでも肌荒れが起こってしまうほどの敏感肌ですが、キョウキオラを使っているとお肌の調子がとても良くなります。今までは何を使っても合わなかったのですが、刺激もないので安心して使えています。どんどんお肌の水分量が上がってきている気がします。

 

 

 

お化粧の前にブースターとして使っています。浸透もとても良く、お化粧の入りもとても良くなります。使ってみるまで、この良さは分からないかも知れません。何とも説明のしようがありません。乾燥が気になる人は一度使ってみるべきです。

 

 

化粧水なのに、無添加なのがとても嬉しいです。昔から化粧品を選ぶ時は慎重になるのですが、キョウキオラは安心して使えます。ミスト状で使うので広範囲に使えるし、何より、お肌への浸透が良いです。

 

 

ミストが細かくてとても気持ちよく使えます。普段あまり化粧はしませんが、キョウキオラをスプレーしてからメイクするとノリがとても良くなります。そして実は子どもにも使ってます。汗っかきの子どもの背中や顔にスプレーしてタオルで拭きとってあげています。毎年出てくる「あせも」が今年は出ません。子どもにも優しいのがポイントです。

 

 

化粧の前にブースターとして使うと、お化粧の馴染みがとてもよくなります。ごわつきがなくなるし、お肌が柔らかくなる感じです。「単なるミスト」と思う人もいるかも知れませんが、個人的にはとても気に入っています。

 

 

無添加のせいか、使い心地がさっぱりしてとても気持が良いです。お化粧前のブースターとして、そしてお風呂上がりのクールダウンとしても使っています。とても気に入っています。

 

 

 

肌荒れしてる時の保湿はこれだけ。お肌のコンディションが違ってきます。さっぱりしているので、汗をかいた時に使うのも気持が良いです。超敏感肌の私でも気軽に使えます。

 

 

水滴にならずにお肌全体に広がる感じです。キョウキオラを馴染ませた後、保湿クリームでフタをすると潤いを長い時間閉じ込める気がします。いつもプレ化粧水として使っています。そして、時々起こる肌荒れ時の保湿はこれだけです。

 

 

 

単なるお水にお金を出すなんて・・・と思っていましたが、使い始めてその思いが吹っ飛びました。キョウキオラでスキンケアするとお肌の調子がとても良く、今までのような肌トラブルが減りました。お肌が安定してきます。と、同時に、水道水はお肌に良くないんだと理解も出来ました。手放せないものになりました。

 

 

メイクの仕上げに使っています。ミストするだけで、崩れにくくなり、皮脂浮きも抑えられています。使い心地はさっぱりで、とても気にいってます。

 

 

冬は暖房のせいか、すぐに乾燥してしまい悩んでいました。キョウキオラは簡単に保湿出来るのが良いですね。冬場でも乾燥が気にならなくなりました。

 

 

あまり・・・の口コミ

 

 

お肌に馴染む感じはとても嬉しいのですが、個人的には美容成分が入っていないのにこのお値段はちょっと高いかなと感じます。使い始めると手放せない物なので、お値段だけが難点です。

 

 

さっぱりして気持はいいのですが、しっとり感は物足りない気がします。もっとしっとりするのであれば、リピしいたいのですが、今の所リピするつもりはありません。ただし、評判とおり、刺激はありません。超敏感肌の私でも全く刺激なく使えました。

 

 

 

直後は潤っているのですが、またすぐにカサカサします。化粧水としては私は合格点はあげられません。保湿用ではなく、気分転換に使うのであれば、良いのでは?

 

 

 

口コミを見ていても、色んな意見がありますね。付けてもすぐにカサカサしてしまう方はクリームでフタをすると全く違う結果になります。同じ会社で販売しているワセリンとの相性が良いです。お風呂上がりのクールダウンに使う人もいましたが、石鹸の多くはアルカリ性なので、本来のお肌の弱酸性に戻る時間が実は雑菌の繁殖に気をつけなければいけません。

 

 

アルカリ性になったお肌を早く弱酸性に戻すサポートをしてくれるのがキョウキオラです。

 

 

アルカリ性から中性までのお肌の状態が雑菌繁殖のゴールデンタイムです。

 

 

早くお肌を弱酸性に戻すことで雑菌の繁殖を防ぎます。

 

公式サイトはこちらから
↓↓↓↓↓↓

 

水だけって【キョウキオラ】は、どんな化粧水?

キョウキオラの成分は水だけです。

 

 

え・・・

 

 

 

と思いますよね。でも普通の水とは全く違う発想で作られています。驚きなのは特許も取得した生成法という事。秘密もいっぱいのキョウキオラの特徴を説明します。

 

浸透力が全く違う

 

一般的な化粧水はお肌に浸透させるために、界面活性剤などの薬品を使用します。キョウキオラは界面活性剤の力を借りず、表面張力をゆるめる生成法でカバーしています。

表面張力によって普通は水分はコロンとした水玉状態になります、キョウキオラは丸くならずに、言葉は悪いのですが、ベターっとお肌に密着します。この技術のおかげで、水分の吸収は今までの化粧水と比較すると、別次元の世界になります。この表面張力を弱くする技術は特許を取得しています。

 

弱酸性のpHペーハ

 

お肌や髪の毛は弱酸性です。pHペーハーでいうと、4.5~6くらいの数値です。

キョウキオラのペーハーもお肌と同じ弱酸性のペーハーになるように作られています。

 

 

汗をかいたりすると、お肌はアルカリ性になります。汗を流そうとして使う石鹸、ボディーソープの多くはアルカリ性です。シャワー後のお肌はアルカリ性が強くなります。勿論、その後お肌は自然に弱酸性のお肌に戻ろうとしますが、アルカリ性から中性の状態は雑菌が増えやすい状態なのです。

この時にミスト状態のキョウキオラを使うと素早く弱酸性の状態に戻るように、サポートします。お肌のペーハーに近いので、敏感肌の方もしみたり、ピリピリしたりしにくいのが嬉しいです。

 

無添加

 

キョウキオラは防腐剤、着色料、アルコール、界面活性剤、香料を使用していません。パッチテスト、アレルギーテストも行われ、こだわった化粧水に仕上がっています。

  

 

その無添加が認められ日本アトピー協会にも登録されています。日本アトピー協会に登録されているものはあまりありませんよね。

 

とうぜんですが、お子さん、赤ちゃんにも使用可能です。

公式サイトはこちらから
↓↓↓↓↓↓

 

KYOKIORAの使い方は?

 

 

洗顔後にお肌から15センチほど離して円を描くようにスプレーするだけです。スプレー後は両手でお肌を包み込み浸透させます。さらに潤いを実感したい方はクリームでフタをするイメージが良いでしょう。同じ会社で販売しているワセリンとの相性が良いです。

 

化粧前のブースターとして使うとその後に使い化粧品の浸透が違います。またメイク直しの時に潤いをプラスするのもオススメです。

 

 

寝ぐせ直しにも

 

 

もったいないけど、寝癖直しにも使えます。水道水は塩素が入っていますし、ヘアスプレーのニオイが気になる人にも良いでしょう。無添加なので、育毛剤の前に使う事も可能です。

 

 

KYOKIORAはこんな人におすすめ!

 

お肌の乾燥や肌荒れに悩んだ時、効果があると言われている成分配合の化粧品を使ってみて、逆に荒れてしまった事はありませんか?効果がある成分が入っている一方で、お肌の相性が悪い成分が入っていたのかもしれません。

 

 

 

キョウキオラは【純水】です。敏感肌やアトピーの方にも安心して利用できる無添加の化粧水です。

 

 

 

 

お肌の乾燥、肌荒れが気になる

敏感肌、アトピーである

化粧品を購入する時に慎重になる

 

 

こんな方に向いています。

 

 

キョウキオラ@まとめ

 

キョウキオラは敏感肌の方のために開発された化粧水です。潤いのサポートだけでなく、メイクの前のブースターとして、また化粧直しの時にも役に立ちます。使ってみて初めて【すごさ】が実感出来るものです。テレビなどで宣伝してないので、口コミだけで広まった化粧水です。敏感肌でなくても使ってみたいものです。

公式サイトはこちらから
↓↓↓↓↓↓