グリコの研究機関はグリコ健康科学研究所と言います。
私達一般人は「お菓子」のイメージを持っている人がほとんどです。

 

グリコの研究所は世界的にも認められている機関です。

 

そんなグリコの本気のスキンケア商品はgg(ジージー)という名前です。当然この名前もグリコーゲンから取ってきたものです。

 

 
グリコgg(ジージー)化粧品の魅力に迫ります!

バナー原稿imp

 

 

グリコgg(ジージー)は外側からのケアと内側からのケア

外側からのケア
内側からのケア

 

聞いた事がありますよね。

 

内側からも美容成分を摂る事で効果がパワーアップします。

 

化粧品とサプリの相性を考えて調節したものがグリコの美容セットです。

 

グリコgg(ジージー)は外側から潤い、ハリを感じて、体の内側から肌老化に対抗してくれます。

バナー原稿imp

 

評判の良い化粧品を使ってもさっぱり効果がない

こう思う人はお肌の内側のコンディションが良くないからです。内側からもケアすると今までとは別の世界が見えてきます。

 

 

化粧水、クリームで外側から潤いを与えて
サプリで根本にアプローチしてくれます。

 

お肌って表面から分けると

 

表皮
真皮
皮下組織

 

この三つに分かれます。何となくご存知だと思います。

 

一番外側の表皮は

かくしつそう  角質層
かりゅうそう  顆粒層
ゆうきょくそう 有棘層
きていそう   基底層

と四つに分かれます。

お化粧品が浸透するといっても実は一番外側の角質層までの事がほとんど。

 

 

潤ったきれいな女性の画像は大きく、そして下の方に小さく
※角質層まで浸透

と書いてあります。

皮膚の内側からのケアで実感度がパワーアップします。

公式サイト
↓↓↓↓↓バナー原稿imp

グリコgg(ジージー)初回限定セット

 

潤い成分いっぱいの化粧水でお肌に潤いを与えてくれます。

クリームで潤いを守り、ハリを与えてくれます。

 

サプリで内側から年齢肌に対抗してくれます。

 

グリコgg(ジージー)お試しセットは三つの製品が入った初回だけの限定価格です。
一ヶ月間たっぷり試すことが出来ます。
回数の約束もありません。

公式サイト
↓↓↓↓↓バナー原稿imp

カロテノイドって聞いた事ある

 

この程度の人が多いですよね。
緑黄色野菜の有効成分です。
体内で作ることが出来ないので食物から摂らないといけない栄養素です。

緑黄色野菜の最も有効な成分は赤パプリカにあることをグリコが発見しました。

 

それも産地はスペイン。

 

スペイン産の赤パプリカに入っている成分がお肌のために良いことに注目してサプリにギュギュッと詰め込みました。

 

 

緑黄色野菜に期待できる効果は知ってますか?

肌老化です。お肌が酸化すると見る見る間に「劣化」します。それを防いでくれる成分の1つが緑黄色野菜に含まれているカロテノイドです。

 

 

グリコgg(ジージー)の口コミから見ていきましょう

 

※効果には個人差があります。効果を保証するものではありません。

 

maru

とても良いです。化粧水の馴染みがとても気に入りました。クリームも保湿感があって嬉しいです。ずっと使い続けていたい製品ですが、毎月使うには、お値段が私にはちょっとネックです。その他の点は言うことがありません。まさに私のためにあるような商品です。


maru

とてもお得に感じます。使い始めはそれほど実感しませんでしたが、三週間目に入っていきなりお肌が柔らかくなった気がしています。ggのセットはお試しサイズでなく、本製品なので、一ヶ月使えるのが嬉しいですね。効果を楽しみに使います。


maru

敏感肌の私が使えた。化粧水もクリームも安心して使えました。クリームはしっとり感が好きです。化粧水もモチモチになります。人によっては浸透するまでに時間がかかるかもしれません。私は浸透するまでに時間がかなりかかります。その後のモチモチ感があるので我慢できますが・・。


maru

乾燥が気にならなくなってきた。使い始めて約一ヶ月になります。使い始めてからお肌の調子が良く感じます。職場の空気は乾燥しているので、ずっと気になっていましたが、最近は乾燥が気にならなくなってきました。かなり嬉しいです。冬場にどうなるか、期待しています。


maru

使った中ではかなり良い方です。今までほとんどスキンケアはしていませんでした。その付けが回ってきたのか、かなりマズイ状況になっていました。くすみ、たるみ、毛穴の目立ちは最悪でした。モニターにしては量が多かったので、試しに使ってみました。

そうすると、お手入れ開始から一週間程度で、お肌の調子が違ってきています。具体的には毛穴の目立ちが少なくなり、お肌のトーンもワンランク上がったようです。思い切り乾燥している方や、ハリが足りなく感じている方はggをベースに使って、アイクリームも追加するとかなりいい感じになると思いますよ。

batsu

残念ですが、物足りないです。私には合いません。化粧水をたっぷり使って、その後にクリームでフタをしても、期待した実感には程遠いです。化粧水もつけた時はしっとりしますが、乾燥してくるのが早く感じます。良い口コミが多かったのでかなり期待していましたが、驚くほどの実感はありません。良い点はトライアルサイズではなく、本製品のため、量が多いので、検証する期間が長く取れる点です。


batsu

特に良いとは思わない。化粧水は敏感肌の私が使えたのでお肌には優しいと思います。クリームもベタベタ感がなく使い心地は良いです。でもそれだけで、特に良いとは思いません。リピはありません。

 

評価は分かれて当然ですが、多く見られたのがお肌のモチモチ感の口コミです。お肌がカサカサで悩んでいる方や、今まで丁寧なスキンケアをしてなかった人には、嬉しい実感があるようです。

 

そしてサプリで内側からのケアというのがポイントです。

 

 

 

グリコgg(ジージー)化粧品の特徴

 

1 登録商標EAPグリコーゲンを配合した初めてのスキンケア商品

 

 

お肌の潤いをサポートするのはヒアルロン酸、セラミドが有名です。そして年齢とともに、減少してしまうのはよく知られています。

お肌の潤いをサポートする成分としてグリコーゲンも大切な事がグリコの研究所で明らかになりました。

 

 

 

ヒアルロン酸、セラミドが減少すれば、補えばいい。

 

 

半分正解です。

 

 

でも補うだけでは「その場しのぎ」です。

 

 

どうやって補っていくか、そこまで考えた結果、出た結論が、EAPグリコーゲンを配合する事でした。

 

 

 

EAPグリコーゲンは浸透するほどに、じんわり潤うという【自発保水】をサポートしてくれます。

自ら潤うというイメージです。

 

※EAPグリコーゲンが角質にうるおいを与えることを自発保水®
と言います。商標登録されています。

ここまでご覧になってピン!ときた方はいらっしゃるでしょうか?

 

 

 

 

グリコーゲンが潤いをサポートする

 

 

 

日本でグリコーゲンの研究が最も進んでいるのはどこか分かりますか?
はい、答えは社名にまでグリコーゲンを含んでいる

 

 

グリコ さんです。

 

 

グリコの登録商標のEAPグリコーゲンを配合した化粧品がgg(ジージー)です。

 

 

EAPグリコーゲンはグリコが独自開発した成分で、スキンケアに使用されるのは初めての事です。

 

 

江崎グリコの研究所にて角質への浸透力やうるおい力などを科学的に調べています。キャラメルだけじゃありません。

 

 

2 多くの種類の美肌サポート成分配合

成分は理解できる人はいませんよね?軽く読み流してください。人気のある化粧品に入っている事が多い植物由来の成分です。

 

 

カンゾウ葉エキス

マタタビ果実エキス

センティフォリアバラ花エキス

加水分解イチゴマメ種子エキス

コウヤマキ枝葉エキス

オリーブ葉エキス

シトルスジャバラ果皮エキス

ゴレンシ葉エキス

ローマカミツレ花エキス

ヒメフロウエキス

テンニンカ果実エキス

オニイチゴ根エキス

 

 

などの12種類の植物由来の保湿サポート成分

 

 

グリコ独自成分

 

 

EAPグリコーゲン(保湿)

αーアルブチン(整肌)

 

 

gg アクティブフェイスローション(化粧水)配合成分

 

 

ペンチレングリコール, グリコーゲン, α-アルブチン, カプサンチン/カプソルビン,グルコシルヘスペリジン, ホスホリルオリゴ糖Ca, ヒアルロン酸Na,加水分解ヒアルロン酸, 加水分解コラーゲンなど。さらに詳しくは公式サイト内に説明があります。

 

 

gg アクティブフェイスクリーム<エンリッチ><クリーム>配合成分

 

 

グリコーゲン, α-アルブチン, カプサンチン/カプソルビン, グルコシルヘスペリジン, ホスホリルオリゴ糖Ca, 加水分解コラーゲン, 加水分解エラスチン, グルコシルセラミド, セラミドNP, セラミドEOP, セラミドNG, セラミドAP,など。さらに詳しくは公式サイトに説明があります。

 

 

gg SABINA(ジージーサビナ)サプリ

 

マンゴスチンエキスパウダー/パプリカ色素, 加工デンプン, グリセリン, 増粘多糖類,など。詳しくは公式サイト内に説明があります。

 

 

グリコgg(ジージー)化粧品が向いている人

 

 

 

お肌のハリが気になる人

お肌にキメが感じられない人

お肌の潤いが気になっている人

 

 

そして、今まで本格的なスキンケアをサボっていた方。外側からも内側からもケアしてみたい人。こんな方に向いています。評価が高かった方は以上のような方でした。

 

グリコgg(ジージー)の販売店は?

特別プライスで購入出来るのは公式サイトだけです。グリコポイントも二倍になったり、お得なのが公式サイトです。

一般的にトライアルは小さめのサイズのパッケージですが、グリコgg(ジージー)は違います。

 

 

本製品そのままをサービスプライスで提供してくれます。一般的なトライアルは10日間程度の試供品が多いのですが、グリコgg(ジージー)は約一ヶ月使えます。かなりお得ですし、効果を試すのに嬉しい量ですね。

gg アクティブフェイスローション<化粧水>

 

とろみのあるテキスチャーがお肌に優しく広がり、角層の隅々まで浸透します。モチモチ感の口コミがあったのはこの商品です。

 

gg アクティブフェイスローション<化粧水>の使い方

500円玉程度を手に取り、すこし温めてから顔全体に包むように広げます

手のひらで押さえながら浸透させます。

お肌がピタッとしてきたら出来上がりです。

 

gg アクティブフェイスクリーム

ベタつきのないサラッとした使い心地。自然な潤いが続きます。

 

gg アクティブフェイスクリームの使い方

 

使用する量はパール大です。少しずつ、額、両頬、鼻、顎に置いておき、指の腹で顔全体に伸ばします。

お肌が弾む感触になるまで優しくハンドプレスしてください。

ローションのあとにクリームを使用します。gg (ジージー)同士の相性が抜群です。そしてサプリを毎日二粒飲めば、本来のお肌への近道になります。

公式サイト
↓↓↓↓↓
バナー原稿imp

 

 グリコとグリコーゲンのお話

 

グリコ公式ホームページより画像引用

グリコの社名の由来は知っていますか?

 

グリコーゲンの一部をとって、グリコなんですよね。グリコーゲンは身体にいい成分で、子どもの役に立ちたいとの想いがあって立ち上げた会社です。

 

 

グリコのオマケ(おもちゃ)は優しいぬくもりを感じる木のおもちゃです。

専用アプリを使えば、小さなお子さんがいらっしゃるのであれば、楽しい会話が弾みます。

 「グリコ」でアプリを探すとすぐにヒットします。

 

菜々緒さんのポッキーのCMをよく見ます。今はこのCMのイメージがあるかも知れません。でもどうしても知っておいて欲しい事があります。

 

 

グリコ(キャラメル)は何年前から販売されているか知っていますか?

 

大正時代から販売されていた95年以上の歴史を誇る、ロングセラーです。

 

 

創意工夫の精神はずっと息づいている

 

 

 

グリコは創意工夫するのが社風のようで創業者の時代から創意工夫するのは当たり前の会社だそうです。

 

 

グリコキャラメルのハートマーク

グリコホームページより画像引用

 

キャラメルの形がハートなんて誰が考えますか?キャラメルは四角が当たり前でした。

 

 

人々の健康を想う気持ち

角がない口当たりの良さ

 

 

 

この二点のためにわざわざ自社でハート型ローラーを開発したそうです。創意工夫の精神はこの頃からすでに始まっています。

 

 

 

何に対しても創意工夫を凝らした発想のグリコ

 

gg(ジージー)は、そんなグリコが本気で開発したスキンケア化粧品です。チョコやお菓子のイメージがありますが、とんでもありません。色んな会社にはそれぞれ研究所があり、違った目線で製品を開発しています。

 

 

それも、化粧品がメインでない会社が参入しているのが最近の特徴です。化粧品メーカーさんも油断出来ませんね。

 

 

「一粒300メートル」って聞いたことありますか?

一粒300メートル。
小さな頃、不思議だなと感じていた方もいるはずです。

 

グリコキャラメルには20歳男性が300メートル走るのに使うエネルギー(16.5kcal)が含まれているので
粒300メートルというキャッチコピーがつけられました。

世の中にはたくさんの名キャッチコピーがあります。
その「ハシリ」のようなものです。

小さなお子さんがいらっしゃる方は一度グリコのホームページをご覧になると
工場見学などの楽しいイベントも確認出来ます。

ビールが飲みたくてビール工場もいいでしょうが、
日本を代表するようなお菓子のメーカーさんに触れるのもいいものです。

グリコのホームページはこちら→
  

 

公式サイト
↓↓↓↓↓
バナー原稿imp