お肌の悩みのオンパレード。。。。
シミ、くすみ、乾燥小じわ!どうしていいのか分からない!こんな方には保湿も出来る美白クリームを選ぶのが正解です。

 

保湿も出来る美白クリームなんてそんな都合の良いものはあるの? 

 

はい、あります。 

 

お肌を乾燥から守りながら美白が期待できる人気商品を紹介していきます。選び方、成分などについても説明します。 

 

 

 

美白はシミ対策と保湿が必要!そして。。。。

たくさんありすぎてどれを選べばいいのか分かりませんよね。大丈夫です。ほとんどの人がそうですから。。。。 

 

・ピンポイント?
・全体(トーン)?
・成分で選ぶ
・使用感 

 

お肌に合ったものを選ぶとさらにいいのですが、お肌に合うか合わないかは残念ながら個人差があります。使ってみるまでわからない事が多いものです。 

 

美白クリームはシミ対策と保湿も叶えるものが良い!
そして購入する時のハードルが低いものがおすすめです。 

 

たとえば、お試しサイズがあったり、初回のお値段が低く設定されているものです。

 

 

シミをピンポイントで?それとも顔全体のトーン?

シミをピンポイントでなんとかしたい?
それともお肌のトーンアップ? 

美白ケアといっても、目的が違うと選ぶ製品も違ってきます。 

 

できたシミをピンポイントでなんとかしたいのなら、メラニンの色を薄くしてくれる「ハイドロキノン」もよく聞きますよね。 

 

お肌のトーンアップならビタミンC誘導体 

シミの予防ならアルブチン、トラネキサム酸などが入ったものがいいでしょう。 

 

 

ピンポイントならハイドロキノン
トーンアップならビタミンC誘導体
予防ならアルブチン、トラネキサム酸

 

ブランドではなく成分で選ぶ

美白製品を使ってもだめだった。。。。 

 

今まで使ってみても、思った結果にならなかった事があるかもしれません。それは美白成分が効かなかったのではなく、「合わなかった」のです。 

 

医薬部外品は一定の効果がないと、医薬部外品として販売できません。いろんな美白成分がありますが、使った事がない成分をつかうのもおすすめの方法です。 

 

美白成分は

トラネキサム酸
プラセンタ
ハイドロキノン
アルブチン
ビタミンC誘導体

などがよく知られています。 

 

シミにピンポイントならハイドロキノンも評判がいい成分です。以前は成分が強すぎて医療機関でないと使用できなかったものです。最近では、改良されて美白成分として化粧品に配合されている事が多くなってきました。 

 

トラネキサム酸で思った結果が出なかった人はアルブチンやハイドロキノンを選んでみる。。。。など、使ったことがない成分を選ぶと違った結果が出ることが多いものです。 

 

化粧品を選ぶのに慎重な方

敏感肌の方には強めの成分はおすすめしません。できるなら、お試しサイズが販売されているものを選んでパッチテストをしてみるといいでしょう。 

 

敏感肌の方が注意しなくてはいけない成分は濃度があるビタミンC誘導体です。濃いビタミンC誘導体は皮脂の分泌量を抑えてしまうので注意が必要です。 

 

炎症を起こしてしまうと、シミのケアどころか、逆にシミの原因になってしまうこともあります。ディセンシア「サエル」は敏感肌の方のために開発されたものです。候補の一つに入れておいてもいいでしょう。 

 

使いやすさ

香り、テクスチャなどの使用感を意識しましょう。
毎日使って、違和感がないものが長続きします。 

 

心地よさがとても大切です。 

 

ベタベタしたり、香りが好きでなかったり、いろんな条件がありますが、「毎日使うもの」です。使用感を優先してみてください。

 

 

トライアルから試すのが正解

好きな香り、テクスチャ、強めの成分、チェックポイントはいろいろありますが、使ってみるまで、わかりません。香り、テクスチャも個人で好きずきがあるのが当たり前です。 

 

・お試しサイズ
・初回が割引プライス 

 

これを意識すると失敗した感じがかなり少なくなります。 

 

繰り返しになりますが

 

美白クリームはシミ対策と保湿も叶えるものが良い!

そして

・お試しサイズ
・初回が割引プライス

これを利用するのがリスクは減ります。

そんな美白クリーム、美容液をご紹介していきます。 

 

 

美白クリームいろいろ

※アンプルール

トライアルセットあり


ハイドロキノンに刺激があるなんて過去のこと。確かに2001年までは医療機関しか使えないものでした。刺激のすくない「新安定型ハイドロキノン」を配合したものがアンプルールです。 

 

ドクターズコスメ&ハイドロキノン
美容皮膚科総院長が開発・監修したスキンケアです。 

 

まずはお得なトライアルセットからスタート

 

※ビーグレン

トライアルセットあり

美白大好きな方に人気のハイドロキノンとビタミンCのW配合 

 

透明感のあるトーン、潤いも期待できます。
ドクターズコスメの老舗的な存在です。

トライアルセットから試すと失敗が少なくなります。

[b.glen]ハイドロキノンでシミを消す

 

※ホワイピュア

初回限定のお得なプライスあり

「トラネキサム酸」「アルブチン」のW配合 

 

シミへのアプローチだけでなく乾燥による小じわを目立たなくしてくれます。当然、医薬部外品です。 

 

回数の約束(しばり)のない定期コースで初回限定のお得なプライス設定があります。

お得に試してみる
↓↓↓↓↓

 

※ブライトエイジ

お試しセットあり

年齢肌の代名詞シミ、たるみ、乾燥にアプローチ!製薬会社が開発した全方位型エイジングケア。薬用有効成分トラネキサム酸配合の人気商品です。 

 

お試しセットで試すのが正解です。

 

※カナデルプレミアホワイト

初回特別プライスあり

メラニンの生成をおさえ、シミ・そばかすを防いでくれるビタミンCエチルと13種類の美白成分配合のオールインワンもちろん医薬部外品です。今、最も売れているオールインワンの一つです。 

 

クレンジングの人気商品DUOと同じ会社の製品です。

特別プライスで試してみる
↓↓↓↓↓

 

 

※サエル薬用美白ケア

トライアルセットあり

敏感肌対応のディセンシアから登場の薬用美白ケア「サエル」 

 

薬用有効成分アルブチン配合

・ストレスなどによるシミやダメージをケア
・敏感肌対応
・メラニンを作らせない
・メラニンを黒くしない
・お肌のトーンアップ

以上に期待できます。

DECENCIAトライアルセット→  

 

※ビューティーオープナージェル

初回限定プライスあり

18種類のアミノ酸、コラーゲン、ヒアルロン酸が入っている卵殻膜エキス使用 

保湿メインのクリームですが、お肌の生まれ変わり(ターンオーバー)をサポートしてくれ、シミくすみのない、赤ちゃん肌が期待できます。

 

 

※シズカゲル

初回限定特別プライスあり

しみ・しわ・たるみ・乾燥・肌荒れなどにアプローチしてくれます。メインの美白有効成分はアルブチンです。 

 

医学誌に掲載もされた独自成分「フラバンジェノール」をはじめ、選りすぐりの美容成分が配合されています。

 

 

※ポーラホワイトショット

トライアルセットなし
限定価格もなし

ポーラ独自の薬用有効成分が登場!
今まであった美白成分ではなく、新規の美白成分です。 

 

その名も「PCE-DP」
美白だけでなく、美肌も期待できる製品です。 

 

 

美白クリーム、美白化粧品の効果とは

いろんな種類の美白成分が入っているクリーム、化粧品があります。どんな効果が期待できるのか簡単に説明します。 

 

美白効果(シミの予防、薄くする)

美白成分が配合されていているものの使い方は

※顔全体
※ピンポイントで使う

二種類の使い方があります。悩みの種類によって使い分けると効率的です。予防のためなのか、出来てしまったシミを薄くするのか、目的別に使うといいでしょう。 

 

美白効果といっても種類があります。 

 

 

・黒くなったメラニンを淡い色にする(淡色化)
ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、 

 

・ターンオーバーを促してシミを排出する
卵殻膜エキス、プラセンタ 

 

・メラニンの発生の邪魔をする
アルブチン、トラネキサム酸など 

 

 

※ピンポイントでケアしたいのであれば、クリームタイプがいい理由 

 

美容液などと比べると、塗った場所にとどまってくれ、集中的にケアできるのがクリームタイプです。潤いをあたえてくれ、フタをするイメージで使えるのも特徴です。 

 

トラネキサム酸
プラセンタ
ハイドロキノン
アルブチン
ビタミンC誘導体

簡単に説明してみます。 

 

 

 

トラネキサム酸

メラニンの発生の邪魔をし、シミやくすみへの期待ができます。肝斑にも期待ができると評判の成分です。 

 

プラセンタ

胎盤からつくられるプラセンタです。たくさんのメリットがありますが大きな期待が出来るのはターンオーバー(お肌の生まれ変わり)の促進です。 

シミはメラニンが皮膚にとどまったままの事なので、お肌の生まれ変わりを早めて、シミを排出してしまうというイメージです。 

 

ハイドロキノン

メラニンを還元作用が期待できる成分です。ピンポイントで使うのであればハイドロキノンを最初に選ぶのがいいでしょう。 

 

以前は刺激が強すぎて医療機関でないと使用出来ませんでした。最近では改良されて、使いやすくなっています。 

 

ただし並行輸入のハイドロキノンは強い成分のものもあるので注意が必要です。並行輸入の製品は個人的には使ったことがありません。 

 

アルブチン

植物などに含まれていることが多い成分で、刺激性が少ないのが特徴です。メラニンを作る邪魔をしてくれます。どちらかというとシミ予防が期待できる成分です。 

 

ビタミンC誘導体

浸透しにくいビタミンCを改良したものがビタミンC誘導体です。メラニンをつくることの邪魔をしてシミ予防にも期待できます。 

 

またメラニンの排出を助ける働きがあるので、シミへのピンポイントにも期待できます。 

 

まとめ

出来てしまったシミに

ハイドロキノン、プラセンタ、ビタミンC誘導体、卵殻膜エキス 

 

シミの予防

トラネキサム酸、アルブチン、など 

 

※実感度には個人差があります。 

そして普段からの紫外線ケア、規則正しい生活、偏食などにも注意することは当たり前のことです。 

 

紫外線は夏のイメージがありますが、年中降りそそいでいます。出来てしまう前に予防することも大切です。

合う美白製品に出会えますように。。。。