ご自分の10年後の顔、お肌を想像できますか?

したくありませんよね。でも簡単に分かる方法があります。 

 

アプリ?

 

いえ違います。もっと簡単な方法です。 

 

テーブルに鏡を置きます。その鏡を上からのぞき込むだけです。間違いなく、お肌がたるんだ顔が見えるはずです。10歳くらい年齢を重ねた顔が現れます。 私はそれを見てガッカリしました。

 

年齢とともにお肌のハリは徐々に減少していきます。

 

 

徐々に変化していくのであれば、それほど驚く事はないかもしれません。鏡を置いて上からのぞくと、一気に10歳程度老けた自分が見られます。 

 

こわ。。。。

もう二度と見たくありません。きっと誰でもそう思うはずです。 

 

 

Bp300プラセンタがお肌のハリにおすすめの理由とは?

お肌のハリがなくなってしまう大きな原因はお肌の奥の弾力繊維と保湿成分が減ってしまう事です。 

 

スキンケアで「奥まで届く」と説明がある横に小さな文字で

※角質層まで

と書いてあるのに気づいた方もいると思います。角質層はお肌の表面の部分です。角質層への保湿ケアも大切なことですが、同時にお肌の奥(真皮)の保湿成分に働きかけることが必要です。 

 

表皮の厚さって知っていますか? 

 

表皮は、わずかに0.2mm程しかありません。しかも表皮はさらに4層に分かれ、表皮の一番外側に位置する角層は、たった0.02mmしかありません。

kaoホームページより

インナーケア 

 

聞いたことがありますよね。
内側というより、お肌の奥、真皮の話のことです。インナーアケアでお肌の奥の保湿成分にアプローチするのであれば、保湿成分をつくる細胞を活発にすることが近道です。 

 

細胞にアプローチして、新陳代謝を活発にするということです。

 

 

期待ができるものがプラセンタです。
それも質の高いプラセンタというのが条件です。

お値段を意識したプラセンタも探せばあります。少ししか入っていなくても、大きく

 

 

「プラセンタ配合」

 

 

と明記してある製品も見ることがあります。ウロウロするとプラセンタ入のチョコレートも発見しましたwこれはプラセンタとは別の意味で興味が出ましたが。。。。。

 

 

お値段もたしかに大切な要素ですが、それより大切なことは「質」です。

 

 

しっかりとしたプラセンタが入っていますか?
安心、安全な品質ですか?

 

 

質の良いプラセンタとたっぷりの美容成分が入っているのがBp300プラセンタです。 

 

 

 

プラセンタはヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの保湿成分をつくる細胞を元気にしてくれます。その細胞を線維芽細胞(せんいがさいぼう)といいます。

 

 

質の高いプラセンタを利用してみませんか?
外側から化粧品、内側からプラセンタ

この組み合わせも「なかなか」です。

 

 

よく言われる、外側からも内側からもお肌のケアをしましょうということです。

 

 

質の高いプラセンタが手軽に試すことができるお値段で購入できます。

 

 

Bp300プラセンタを見てみる
↓↓↓↓↓↓↓

 

Bp300プラセンタの特徴&売れている理由

質の高いプラセンタ使用
美容成分がたっぷり配合
・デルマタン硫酸
・コラーゲンペプチド
・ナノ化乳酸菌
・プロテオグリカン
・ビタミンC、B

 

年齢を感じてきた。
お肌のハリがなくなってきた。
ファンデーションのノリが悪い。 

 

そんな方に寄り添ってくれる、売れているプラセンタです。 

 

 

プラセンタには大きく分けると二種類あります
・プラセンタだけのサプリ
・プラセンタと美容成分が入っているもの

 

Bp300プラセンタは美容成分がたっぷり入ったサプリです。

 

 

質の高いプラセンタが手軽に試すことができるお値段で購入できます。

 

 

Bp300プラセンタを見てみる
↓↓↓↓↓↓↓

 

お肌のハリが低下する理由

お肌のハリがなくなってしまうわけは、身体の中にある美容成分が減っていくからです。
成分名でいうと、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンです。

 

 

コラーゲン→お肌の弾力性
エラスチン→お肌の弾力性

ヒアルロン酸→保湿性

 

 

お肌の奥ではコラーゲンとエラスチンが網目のように存在して隙間をコラーゲンが埋めているイメージだと思っていただければいいでしょう。

30歳を超えてくると美容成分を自ら作るスピードが遅くなってきます。活発な生成ができなくなります。そうなるとお肌のハリがなくなってしまうのは当然のことなのです。

 

 

化粧品を使うのは皮膚の外側に美容成分をおぎなってくれます。プラセンタは皮膚の奥の美容成分を作ってくれる細胞を活発にしてくれます。

 

 

加齢などによって減少するのはお肌の奥の美容成分だけではありません。

 

 

お肌の表面の保湿成分も減ってしまいます。お肌の表面の細胞(角質細胞)の間には保湿成分が存在していますが、保湿成分が減っていくと細胞と細胞の間にすきまができます。

 

 

細胞と細胞のすきまができる

→バリア機能が低下する
→紫外線がお肌に入ってくる
→水分が逃げてしまう
→お肌のハリがなくなる

 

 

 

加齢などによって保湿成分、美容成分がへっていき増えてしまうのは、あつかましさ、そして体重なのかもしれません。(私です)

 

 

質の高いプラセンタが手軽に試すことができるお値段で購入できます。

 

 

Bp300プラセンタを見てみる
↓↓↓↓↓↓↓

 

お肌のハリがある人とない人の違い

若い頃にはお肌のハリには全く興味もない人が多いはずです。若い頃はお肌にはハリがあって当たり前ですから。
なくなってはじめて「お肌のハリ」が大切なのか実感することになります。

 

 

ハリのあるお肌
・明るい印象
・生き生きとした印象
・生活な印象

ハリのないお肌
・疲れて見える
・年齢より老けて見える
・口角がさがって不機嫌に見える 

 

お肌のハリが影響する部分

まぶた

お肌のハリと関係がないように思いますが、しっかり、影響があります。お肌のハリがなくなってくると、まぶたに影響があり(たるむ)目が小さく見えたり、細く見えたりして目の印象が「ガラリ」と変わってきます。当然、アイシャドウはきれいに描けなくなります。悪循環です。

 

 

ほうれい線

ほとんどの方が説明しなくても分かっている事です。お肌のハリがなくなると、ほうれい線が口元のしわとつながってきます。かなりまずい状況です。お肌にハリがあると、ほうれい線が目立ちにくく、シワも目立ちにくくなります。

 

 

毛穴
お肌のハリは毛穴にも影響があります。毛穴が目立ちやすくなります。毛穴が目立ち、お肌にハリがないとファンデーションのノリは最悪になります。毛穴を目立たないように厚くつけるとヨレるので、良いことが全くありません。(体験談です) 

 

お肌のハリが気になる年代は?

20代の後半になったら、備えておくべきです。何歳になったら。。。と決めつける事は出来ませんが予防しておくことが大切です。お肌のハリが気になってくる年齢は、だいたい30歳を超えたくらいからが普通です。もちろん個人差はあります。しっかりケアしている方はもっと年齢を重ねてから気になると思いますし、ずっとハリを保ったままの人もいるかもしれません。

 

 

ハリのなさを実感しているのであれば、あわててアプローチしたほうがいいでしょう。しっかりケアすることを続けると、この先あせることが少なくなってきます。 

 

 

お肌のハリのために大切なこと

スキンケアと生活習慣を意識しましょう 

 

スキンケアは「保湿」を意識しましょう。特に洗顔後の保湿は大切です。「洗顔後すぐ」保湿成分が入っているスキンケア製品をつかいましょう。洗顔後、しばらくブラブラしている人もいますが、すぐに保湿ケアをするのがベストです。

生活習慣で大切なことは生活リズムと睡眠です。
睡眠の質が悪いと、お肌の再生機能を低下させるだけでなく、健康にまで悪影響があります。規則正しい生活リズムと質の高い睡眠が、最終的にお肌にハリにつながります。

 

 

意外に知られていないのが姿勢の悪さの影響です。姿勢が悪いと、血液やリンパの流れが悪くなり、結果としてお肌のたるみに影響が出ます。正しい姿勢は意識したいものです。

スキンケア、生活習慣を意識してもお肌の奥の細胞に影響が出てくるにはかなりの期間が必要です。

 

 

予防、守りのために生活習慣やスキンケア。そしてプラセンタでお肌の奥にアプローチする事が大切です。

質の高いプラセンタが味方になってくれます。 

 

質の高いプラセンタが手軽に試すことができるお値段で購入できます。

 

 

Bp300プラセンタを見てみる
↓↓↓↓↓↓↓