ビーグレンブランド(ビーグレンファーマ)から販売されている【第三類医薬品】SIMIホワイト。メインの有効成分がL-システインです。 

 

SIMIホワイトがすごいというより、L-システインという成分がすごくて結果としてSIMIホワイトが良いという事になります。L-システインは医薬品しか配合を許されていない成分です。

 

 

最近では調べようとしても難しいサイトばかりしか検索結果に出てこないのでわかりやすく説明していきます。 

 

【SIMIホワイト】はビーグレンから発売@有効成分の効果は?

  • 活性酸素の消去
  • メラニン生成司令を止める
  • 黒くないメラニンに変換
  • 濃くなったメラニンを薄くする
  • ターンオーバー促進 

 

ちょっと難しい言葉が出てきたので簡単な言葉を使って説明していきます。 

 

SIMIホワイトの効果l活性酸素の消去

活性酸素と聞くと、良さそうな気がしますが、残念ながらそうではありません。紫外線、ストレス、食品添加物などで身体のなかにある酸素が変化したものです。身体を守ろうとして発生するのが活性酸素なのですが、身体には良いものではありません。 

 

身体が酸化する
さびる 

 

いろんな言葉で表現されますが、身体が活性酸素で酸化することです。 

 

若いうちは自ら活性酸素を消してしまう力があります。年齢を重ねるとその力は衰えてしまいます。「老い」はイヤですね。。。。 

 

L-システインは活性酸素を抑えてくれます。 

 

L-システインが配合されているシミケア製品がSIMIホワイトです 公式サイトの下の方にSIMI ホワイトの説明があります。

ビーグレン公式サイト

SIMIホワイトの効果lメラニン生成の指示を止める

メラニンを作りなさい!という指示が出てメラニンは作られます。自然に出来るわけではありません。 

 

メラニンはチロシンという成分が変化していって最終的にメラニンになります。 

 

変化の途中で酵素が働きます。いい仕事か悪い仕事なのかわかりませんが、とにかく酵素が働くことによってメラニンが出来るのです。この酵素の邪魔をするのがL-システインです。 

 

SIMIホワイトの効果l黒くないメラニンに変換

メラニンには黒いメラニンと黒くないメラニンがあります。 

L-システインはメラニンが作られる途中で黒くないメラニンを作るように働きかけます。 

 

ちなみに黒いメラニンはユウメラニン、黒くないメラニンはフェオメラニンといいます。 

 

SIMIホワイト(ビーグレン)は第三類医薬品での限界量のL-システインが入っています。 

 

SIMIホワイトの効果l濃くなったメラニンを薄くする

難しい言葉でメラニンの還元作用といいます。
黒いメラニンを薄くしてくれます。(淡色化) 

 

SIMIホワイトの効果lターンオーバー促進

L-システインはアミノ酸の一種です。細胞を元気にしてくれるのです。細胞が活発になるとターンオーバーも促進されます。よく聞く28日という日数は若い20代の頃のことです。 

 

ターンオーバーが促進されて何がいいのかというと、皮膚にとどまっているメラニンをお肌の生まれ変わりで排出してくれるからです。若い子がすぐに日焼けから元に戻るのは、お肌の生まれ変わりの周期が早いからです。 

 

ある程度の年齢になるとお肌の生まれ変わりは「かなり」長くなります。強い紫外線に長い時間あたると、大変な事になります。 

 

ピンときませんか? 

 

すり傷が簡単に治ったのは若い頃でしたよね? 

すり傷が治りにくい・・・これがわかりやすいかもしれません。もちろん、自分自身でも実感しています。ターンオーバーの周期が遅いのです。。。。。 

 

アミノ酸つながりでお話しますが、L-システインを使用していると、髪の毛にツヤが出てきた人、爪がきれいになった人もいます。 

 

SIMIホワイトの有効成分の効果三つ

シミ予防
L-システイン、アスコルビン酸 

 

シミを薄くする
L-システイン、アスコルビン酸 

 

シミ排出
ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE 

 

SIMIホワイト、飲む日焼け止め、美白製品との違い

SIMIホワイトは医薬品です。効能が認められた成分が入っています。塗る日焼け止めのように塗りムラもできないし、手が届かない背中のシミのケアまで期待できます。 

 

美白化粧品の落とし穴

美白という言葉にひかれて、買ってみたけれど、さっぱり。。。。
こんな事ありませんか? 

 

医薬部外品でも同様の結果になっている人がいるはずです。ほとんどの美白化粧品は「予防」がメインだからです。今あるシミをケアすることは出来ない事もあります。 

 

SIMIホワイトは【第三類医薬品】です。 

 

有効成分のL-システインは黒いメラニンを薄くします。ターンオーバーを促進してシミを排出します。 

 

そんなL-システインをたっぷり配合したものが【第三類医薬品】SIMIホワイト(ビーグレン)です。配合量は第三類医薬品として認められている最大量です。L-システイン240mg 公式サイトの下の方にSIMI ホワイトの説明があります。

ビーグレン公式サイト

飲む日焼け止めの落とし穴

販売されている日焼け止めサプリは、今あるシミの改善は出来ません。また日焼け対策についても認可されていないことが多いのです。

 

L-システインは今あるシミの改善が出来ます。また日焼け対策についても「認可」されています。当然、日焼け対策の守備範囲は全身です。 

 

 

そんなL-システインをたっぷり配合したものが【第三類医薬品】SIMIホワイトです。 

 

 

L-システインは出来てしまったシミにアプローチしてくれ、日焼け止めとしても使用できます。 塗る日焼け止めとの併用が最も期待出ます。

妊娠中にSIMIホワイトは?

もちろん、OKです。逆に栄養補給のためにも飲んでもらいたいほどです。産後はシミが気になる方も多いものです。化粧をゆっくりする暇、時間がある方は少ないですよね。 

一日二回飲むだけでシミケアが出来ます。
ぜひ活用してほしい製品です。 

 

シミ改善&日焼け対策が可能なL-システイン配合【第三類医薬品】SIMIホワイトです。公式サイトの下の方にSIMI ホワイトの説明があります。 

ビーグレン公式サイト

美白のためのUVケアと食べ物

出来てしまったシミにはSIMIホワイト(ビーグレン)で徐々に対応出来ますが、本来は出来る前に、しっかりケアすることも大切です。 

 

普段食べているものから美白に効果的な食べ物を紹介します。たくさんあげても、仕方がないので本当に大切な成分二つをあげておきます。 

 

※ビタミンC

いちご、キウイ、レモン、ミニトマト、など

ビタミンCはメラニンの沈着をおさえ、シミを還元(薄く)する働きがあります。お薬ではないので、食べてすぐに実感することはありませんが、毎日の習慣にすると何年か経った時のお肌に差が出ます。 

 

 

ビタミンCは一度にたくさん摂っても吸収されずに外に出てしまいます。こまめに摂るようにしたいものです。 

 

※ビタミンA

レバー、うなぎ、春菊、ほうれん草、小松菜、人参

ビタミンAは新陳代謝をうながし、お肌の生まれ変わりを助けます。 

 

SIMIホワイトと併用することで期待できます。

ビーグレン公式サイト